ガソリン代がおトクになるクレジットカード

文字の大きさ
標準

不正利用等トラブル防止のために

カードを受け取ったとき

カードを受け取ったらまずご自身でサイン

サインはあなたのカードであることを証明するものです。
カードがお手元に届きましたら、カードに表示されている名前 が正しいことを確認したうえで、署名欄にサインをご記入ください。

サインのないカードでは、紛失や盗難の際に補償が受けられません

万が一、カードが紛失や盗難にあった場合は、保険が適用されます。
カード署名欄にサインがなければ、補償の対象となりませんのでご注意ください。

カードを利用するとき

カード記入のサインと、同じサインをしてください

カード記入のサインと同じサインをすることで、カード所有者本人であることを確認させていただきます。

カードはご本人しかご利用いただけません

カードは、カード所有者ご本人様しかご利用になれません。
たとえご家族の方でも、ご利用はできません。

カード管理・暗証番号について

カード盗難・紛失の際、カードと同時になくした免許証や保険証などから暗証番号を推測され、ショッピング・キャッシング被害に遭うケースが増えています。第三者に簡単に推測される暗証番号をご登録されることはくれぐれもおやめください。

他人には絶対に暗証番号を教えないこと

どんなに親しい友人でも、暗証番号を教えることはおやめください。
またカード会社や警察などが暗証番号をお伺いすることはありません。

他人に知られやすい暗証番号にはしないこと

生年月日、電話番号(自宅・携帯など)、ご住所の番地、部屋番号、車のナンバー、またそれらから推測される番号などは避けてください。

暗証番号を書き込んだメモなどをカードと一緒に持ち歩かないこと

暗証番号を書いたメモを財布に入れておいたり、カードに暗証番号を書き込むのは禁物です。

最近、ゴルフ場や温浴施設などにおける暗証番号鍵式の貴重品ロッカーにおいて、暗証番号を小型カメラで盗撮し、貴重品ロッカーから現金やカードを盗み取る、またはカードを偽造して不正使用を行う手口の犯罪が発生しています。

以下のような手口にご注意ください

車上荒らし

駐車中の車からカードを盗まれる事故が増えています。
鍵をかけていても、車の鍵や窓ガラスを壊されて中にある貴重品を盗まれる手口です。また、車自体が盗難にあう危険性もあります。
車を離れるときは、必ずカード等貴重品を持ってでかけるよう注意しましょう。

仮睡盗

ついお酒を飲みすぎてしまい、電車の中やベンチなどで眠ってしまった際に近寄り、数秒の間にお財布を抜き取ったり、介抱するフリをして財布やバッグを盗む手口です。

飲食店で

バッグや上着などを椅子や壁にかけたり、話に夢中になっている隙に財布を盗む手口です。貴重品などは常に身につけておきましょう。